明菜・ちあきなおみ・未唯…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(1)大賞受賞篇

明菜・ちあきなおみ・未唯…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(1)大賞受賞篇

 かつて、日本中が「誰が賞を獲る?」と固唾を飲んだ時代があった。国民的行事で注目を浴びたレコード大賞や歌謡大賞の受賞者にも、火の出るようなベッドシーンの過去があった!

 85年、86年と連続で「日本レコード大賞」を制した中森明菜(54)は、女優としても数々の功績を残した。月9のヒロインになった「素顔のままで」(92年、フジテレビ系)は、最高視聴率31.9%を記録する。同ドラマは安田成美との友情がテーマだったが、翌93年のスペシャルドラマ「悪女II サンテミリオン殺人事件」(フジ系)では、妖艶な女に扮した。年下の恋人(保阪尚希)とのベッドシーンでは、シーツにくるまったままだが、隠れ爆裂バストと言われた胸の膨らみもはっきりわかる。正常位からみずからが上になってディープキスを交わす。

「ベッドの中で服を着ていたら不自然でしょ」

 明菜は当時、そうコメントしたように、すべてを脱ぎ去って撮影に臨んでいたのだ。

 レコ大で初めてヤングポップスが大賞を制したのは、黛ジュン(71)の「天使の誘惑」(68年)だった。ミニ丈スカート姿で振りまく健康的な笑顔が特徴だった。

 それから15年後、黛は日活の成人向け映画「女帝」(83年)の主演で話題となる。三越の女帝と言われた竹久みち氏をモデルに、実録タッチの異色作となったが、完熟した女性となった黛のラブシーンはふんだんにあった。

「映画館を男の人のアレまみれにしてみせますわ」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「坂本金八」のニュース

次に読みたい関連記事「坂本金八」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。