南野陽子・大西結花…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(2)アイドル決意篇

南野陽子・大西結花…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(2)アイドル決意篇
拡大する(全1枚)

 ベストテン番組に名を連ねていたヤングアイドルが、いつしか極上の艶っぽさを身にまとっていた。そして、息を飲むハードシーンに挑戦したのだ。

 松田優作が40歳で世を去った日から30年がたった。膨大な作品群の中でも鮮烈な印象を残すのが「蘇える金狼」(79年、KADOKAWA)で、あの村西とおる監督よりも早く、ダイナミックな「駅弁スタイル」を披露した。お相手となったのは、74年に「愛がはじまる時」で歌手デビューした風吹ジュン(67)。映画評論家の秋本鉄次氏が言う。

「アイドル時代は小柄な印象だったけど、優作にバックから突かれ、抱え上げられる場面では胸がユサユサ揺れて驚いた」

 秋本氏によれば、完脱ぎしたのはこの1作のみなので、そういった点でも貴重な映画だという。

 80年代後期のトップアイドルとして、「楽園のDoor」(87年)から8作連続でチャート1位を記録した南野陽子(52)は、人気にかげりが見えた92年、宮尾登美子原作の「寒椿」(東映)で初脱ぎを見せた。

 元バスガールが借金のカタに売られるという薄幸の役で、白竜とのカラミで初脱ぎとなるが、「残念ながら胸は小さい。そのことを彼女にインタビューで伝えたら『豊満な胸だったら悲哀の感じが出ないと思うんです』と堂々と答えてくれました」(秋本氏)という。同年には「私を抱いてそしてキスして」(東映)でも、赤井英和とのベッドシーンで全脱ぎしているが、秋本氏によれば「アイドルを卒業して女優でやっていくんだという心意気が見えました」とのことだ。


当時の記事を読む

南野陽子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「南野陽子」に関する記事

「南野陽子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「南野陽子」の記事

次に読みたい「南野陽子」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。