浅田美代子・仁支川峰子…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(4)完熟の美女篇

浅田美代子・仁支川峰子…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(4)完熟の美女篇
       

 艶のある歌声で魅了する完熟した美女たちは、脱いでもスゴかった──。ベッドシーンに目がない芸人のみなみかわ氏が、その艶技を語る!

 ドラマ「時間ですよ」(TBS系)の劇中歌「赤い風船」(73年)を歌いブレイクした浅田美代子(63)に、みなみかわ氏が驚いたのが、「エリカ38」(19年、KATSU-do)だ。劇中、浅田は唾液が絡み合うキスに没頭したかと思えば、若い男に後ろから激しく突かれ、「あはあぁぁん!」と嬌声を上げ、さらには馬乗りになった体勢で男の下半身に腰をこすりつけるなどヤリたい放題。還暦超えの貫禄を見せつけた。そもそも完熟の美女を艶っぽい存在に押し上げたのは、61年に「おひまなら来てね」が、その妖艶な美貌と相まってヒットした五月みどり(80)だった。転機となったのは、30代半ばで出演した「かまきり夫人の告白」(75年、東映)。完熟美女脱ぎのの先駆けとして、柔らかく熟れたカラダで6人の男と次々に肉体をカラませ話題となった。

「感情移入できぬまま、『なんでやねん!』と言いたくなるほど男とバンバンしまくるので、徐々に『俺もヤレるんじゃないか‥‥』という気にさせられました。彼女のおちゃめな表情や包容力は、男なら誰もが好きなはずです」

 74年、デビュー曲「あなたにあげる」が大ヒットした仁支川峰子(61)も、五月同様、本格的に女優へ転向すると圧巻の脱ぎを見せた。特に「肉体の門」(88年、東映)での、根津甚八との組んずほぐれつのまぐわいはインパクト大だ。みなみかわ氏も「肝の据わった濡れ場で、安心して見ていられる」と心を許す。聞けば、彼女の何がいいかと言えば“巨胸顔”なんだとか。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。