佐藤仁美、「現場から勝手に帰るって何様だ!」佐藤江梨子への恨み爆発

佐藤仁美、「現場から勝手に帰るって何様だ!」佐藤江梨子への恨み爆発
       

「唯一、嫌いな人です。なんか仕事に対してふざけてるなって…」

 こうブチ切れていたのは、先月、俳優・細貝圭(35)と結婚したばかりの佐藤仁美(40)である。冒頭の発言は昨年5月に放送されたバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)でのものだが、イラッとする同業者について聞かれ、「撮影している時に勝手に帰っちゃう女優さん」を例に挙げるや、「何様だよ!」と収まらなかった。

 いわく山奥のロケ地で、撮影時間に余裕がなく緊迫した状況にもかかわらず、その後輩女優が台本を見て「これ、ケガしたらどうすんの?」と言って途中で帰ってしまったというのだ。

 この後輩女優について、放送では「S」として伏せられていたが──。

「12年に放送されたドラマ『走馬灯株式会社』(TBS系)の第6話で、佐藤仁美サトエリこと佐藤江梨子(37)が共演しているんです。山奥でのロケの件といい、番組で説明していた設定ともすべて合致します」(テレビ誌記者)

 実は佐藤、今になって先の番組以外でも複数の番組内で、サトエリと思われる女優への7年間ため込んだ怨念をブチまけているのだ。

 サトエリを知る映画関係者が語る。

「女優としては主演女優賞を獲得したこともありますが、現場でも自身を芸術肌だと思っているフシがあって、評判はあまり芳しくないんです。CMディレクター出身の監督作品では多少ナメていたようで、演出面に口を出すなどして周囲のスタッフを困らせていた」

 とはいえ、15年に結婚、出産したサトエリは近年、自粛しているわけではないが、活動を縮小している。

「一方の佐藤はかつて手美人女優としてドラマや映画で活躍するも、代表作に恵まれなかった。それが近年、酒好きのやさぐれ負け犬キャラでバラエティー番組に引っ張りダコ。イケメン年下夫もゲットして、今や勝ち組。立場の逆転が彼女を饒舌にさせたのかもしれません。くしくも、ドラマでもサトエリが意地の悪い女の役で、佐藤が復讐するという内容でした」(芸能レポーター)

 女の恨みは果てしない。

当時の記事を読む

佐藤仁美のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「佐藤仁美」に関する記事

「佐藤仁美」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「佐藤仁美」の記事

次に読みたい「佐藤仁美」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 佐藤仁美 Instagram
  2. 佐藤仁美 お酒
  3. 佐藤仁美 グラビア

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。