サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「今年最高の状態ワグネリアン◎」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「今年最高の状態ワグネリアン◎」

 今週はジャパンCがメイン。来年で40回目になるが、その節目を前にした今年、外国馬の参戦が初めて見られなかった。いくら「招待競走」とはいえ、「うまみ」がなくなったことが、外国馬が敬遠する第一の理由に挙げられるだろう。

 簡単に言えば、日本馬の質の向上である。どんなスポーツであれ、アウェイはやはり厳しいのだ。

 それに我が国は、動物検疫にことのほか厳しい。競馬開催国のほとんどは、当該競馬場に隣接する、しかるべき施設で検疫を済ませることができる。しかし日本では、それができないのだ。であれば当然、調子を維持するうえで差が出てくる。

 それでも以前は、互角以上に渡り合える力が外国馬にあったが、今の日本馬の質は欧米並みの国際レベルにある。外国馬に無理を強いるはずはあるまい。

 第二は時期的な問題だ。ブリーダーズC(米国)と香港国際競走のハザマにあるジャパンCは、第一の理由もあり、「うまみ」のあるレースでなくなったのだ。

 こうしたことから、「招待競走」にする必要もなくなっているのが、このジャパンCなのである。あとは賞金を上げるとか、レース時期を変更するかだが、いずれにしても外国馬の参戦がなかった今回が、ジャパンCを見直す大きな契機になることは間違いない。

 さて、外国馬の参戦がない今年の顔ぶれはどうだろう。最強牝馬アーモンドアイは香港(香港C)へ、天皇賞・秋で6着に敗れた今年の皐月賞サートゥルナーリア有馬記念直行で、なんとなく寂しい気がしなくもないが、それでもなかなかの好メンバーである。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュース

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブラストワンピース」のニュース

次に読みたい関連記事「ブラストワンピース」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。