木下優樹菜、活動自粛も“裏切りの矛盾言動”疑惑浮上で事務所もお手上げ!?

木下優樹菜、活動自粛も“裏切りの矛盾言動”疑惑浮上で事務所もお手上げ!?

 タピオカ店恫喝騒動の渦中にある木下優樹菜が、ついに芸能活動を自粛することとなった。11月18日に所属事務所の公式サイトにて発表された。その掲載文では〈所属事務所として深くお詫び申し上げます〉と、「事務所側の管理責任」を認めており、〈タレントマネジメント会社としての責務を改めて見つめ直し、今後二度とこのような事態を起こさぬように全力で努めて参ります〉と、まさに平身低頭の姿勢を示している。

 今一度騒動の経緯を振り返っておくと、木下が、姉が勤めていたタピオカ店を巡り姉が店側とトラブルになったことを自身のインスタグラムで報告したのが10月6日のことだった。ところが、その裏で木下が店側に送ったとされる〈これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〉といった内容の“恫喝”ダイレクトメール(DM)の文面を店の関係者が公開。すると、10月9日になって、木下は“恫喝メール”の真偽には触れずインスタに〈この度は私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉といった謝罪文をインスタに投稿したのだ。

 それでも炎上は収まらず、1カ月あまり経過したのちに、冒頭のように、事務所からの活動自粛発表となったのだが、さる芸能記者はこう首をひねる。

「11月19日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)では番組独自の情報として、木下が謝罪をインスタ表明した10月9日に、タピオカ店側に送ったとされるDMを公開。そこには《お店のことも含め「お互いに、誹謗中傷をしない」、「お互いに、第三者に話をしない」ということで解決させていただけないでしょうか》と、和解の条件が綴られていたんです。ただし、このDMの中には、《(木下が)事務所と相談し、冷静になって先日のメールを読み返してみたところ、》という一節があるんです。つまり木下は所属事務所と相談のうえで、このDMを送っているという意味にとれます。でも、この時点での木下の言動は、事務所側がまったく預かり知らぬものだった可能性が大きいですよ。というのも、事務所に相談していたのが事実なら、仮にタピオカ店側と和解を図る場合、普通は事務所の顧問弁護士を通して交渉をするのが筋。ところが木下は自分自身でDMを店側に送り、問題を解決しようとしていますからね」


あわせて読みたい

木下優樹菜のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「木下優樹菜 + 炎上」のおすすめ記事

「木下優樹菜 + 炎上」のおすすめ記事をもっと見る

「木下優樹菜 + Instagram」のおすすめ記事

「木下優樹菜 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュース

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 木下優樹菜 Instagram
  2. 木下優樹菜 次女
  3. 木下優樹菜 炎上

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。