再ブレイク!稲森いずみは隠れ“艶”女王だった(2)ラブシーンで存在感を発揮

再ブレイク!稲森いずみは隠れ“艶”女王だった(2)ラブシーンで存在感を発揮

 だが、稲森のどこか陰のあるエキセントリックな艶技が一気に開花したのは、18年に放送されたディーン・フジオカ主演の「モンテ・クリスト伯」(フジ系)での怪演だった。テレビ誌編集者によれば、

「作品は視聴率こそ一桁で低空飛行でしたが、主役のフジオカのこれでもかという復讐劇とどんでん返しの連続で、今も人気の高い作品。中でも稲森は新井浩文が演じた建設会社社長の妻役で、警視庁の刑事部長役の高橋克典の元愛人という、カギを握る役どころ。現在は新井の公判中ということもあり、封印された幻の作品です」

 ドラマの中で稲森は、社長夫人という設定。第3話では、自宅を訪れた部下の男性に、

「西山さん、いつものお願いしますね」

 と意味深なセリフを残す。次の場面では、夫の新井が就寝する中、黒のキャミソール姿の稲森がベッドの横にたたずむ。スレンダーながらキャミソールからのぞく真っ白な胸の谷間はボリュームこそないものの、お餅のような弾力が一目瞭然。30代の頃のやせすぎたボディよりもまろみを帯びてまさに熟れ頃と言える肉感だ。そんな彼女が、旦那の寝ている間に向かうのは同じフロアにあるマンションの一室。待ち受けているのは、二人の若い男。ガウンを脱がされると、

「キスはいらない」

 と命令。そのままベッドに押し倒され、3Pに突入するのだ。一瞬のバックショットでは、黒のキャミソール越しの黒ブラも見せつけるなど、挑発的な痴女を熱演。覆いかぶさる二人の男にむしゃぶりつく稲森は、かなりの好色ぶりだ。


あわせて読みたい

稲森いずみのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「稲森いずみ + ドラマ」のおすすめ記事

「稲森いずみ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「稲森いずみ + 結婚」のおすすめ記事

「稲森いずみ + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中越典子」のニュース

次に読みたい関連記事「中越典子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 稲森いずみ Instagram
  2. 稲森いずみ ドラマ
  3. 稲森いずみ ビーチボーイズ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。