追悼・梅宮辰夫「山口組とオンナ」マル秘交遊伝説(2)夜遊びも「演技」だった!?

追悼・梅宮辰夫「山口組とオンナ」マル秘交遊伝説(2)夜遊びも「演技」だった!?

 梅宮最長の主演シリーズであるコメディアクション「不良番長」シリーズ(68~72年、東映)出演時には、同作で共演した山城新伍との珍エピソードを残している。

 出演した新人女優の名付け親となった梅宮は、そのお礼として彼女と一夜を共にした。ところが、それから下半身に異変が。医者に行くと淋病と診断される。

 そこに山城がやって来て「ここの具合、おかしくない?」と尋ねてきたから、梅宮は驚いてしまう。話を聞くと「俺もあの娘とヤッたんだ」という、まさかの返答だった。梅宮が名付け親になったことで女優を抱いたと知った山城は、すかさず彼女のもとへ行き、「辰ちゃんと俺、その名前を一緒に考えたんだ」と言って、便乗エッチにあずかったというのだ。2人そろって病気をもらうという、本編顔負けのオチもさすがである。

 そんな生活が一変したのは、72年のこと。当時の梅宮は、山城や安岡力也、池玲子や杉本美樹が所属する「梅宮企画」を経営していた。ところが、マネージャーの横領によって倒産。失意のどん底でクラウディア夫人に出会ったと、梅宮は語っている。

「俺と菅原文太さんで銀座に飲みに行って、他のホステスはキャーキャー言っているけど、うちの女房は知らん顔。俺と文太さんが役者であることさえ知らなかったんだ」

 再婚、そして「仁義なき戦い」(73年、東映)の出演をきっかけとした東映実録やくざ映画への出演が苦境を脱するきっかけとなった。さらに、75年には「前略おふくろ様」(日本テレビ系)に出演。今年3月に亡くなった萩原健一の師匠的な役を演じたことで、テレビに新たな活路を見いだす。


あわせて読みたい

梅宮辰夫のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュース

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小泉今日子」のニュース

次に読みたい関連記事「小泉今日子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 梅宮辰夫 怪我

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。