大統領型宰相・中曽根康弘の「風見鶏」夫婦生活67年(1)こうと思ったら独断で突っ走る

大統領型宰相・中曽根康弘の「風見鶏」夫婦生活67年(1)こうと思ったら独断で突っ走る
       

「戦後政治の総決算」を掲げ、国鉄民営化などの行政改革・日米関係の強化などに取り組み、多くの足跡を残した中曽根元首相が2019年11月29日に101歳で他界した。政治家の間での人気はイマイチだったが、国民からは大きな支持があった。その人気を支えた夫婦生活秘話──。

「鈴木善幸さんが退陣表明をした翌日、中曽根さんの家で夫妻と朝食をとった。テレビで、ハマコーさん(浜田幸一元代議士)が珍しく中曽根さんのことをほめていた。中曽根さん、じつにテレくさそうな顔をしていましたな。で、私が『奥さん、いよいよファースト・レディですな』と言うと、はにかみながらもなんとも嬉しそうだった。夫人にとっては、宿願かなっての、いよいよの総理大臣ですからね」

 当時、中曽根派幹部で、のちに総理のイスにすわることになる宇野宗佑が筆者のインタビューでこう振り返ってくれたのは、昭和57(1982)年11月の中曽根内閣発足から間もなくであった。

「ポスト鈴木」は、事実上、最大派閥に君臨する田中角栄元首相の意向で決まったが、ハマコーが初めてホメたということは、田中の“意中”が中曽根であることを明らかにしたということだった。

 二人の結婚は、昭和20年2月11日の「紀元節」(今の建国記念の日)、中曽根は海軍省軍務局勤務の26歳、妻・蔦子23歳であった。「紀元節」に挙式とは、いかにも“タカ派”中曽根らしかった。その中曽根は、戦後2回目の昭和22年4月の総選挙に出馬、初当選を飾った。以後、「日本の再建」、そのためにはと一貫して総理の座を目指してきた男であった。ちなみに、同期の当選に田中角栄がいる。妻・蔦子にとっては、結婚以来じつに37年余を経ての夫の“満願成就”の総理のイス、冒頭の宇野宗佑の証言による喜びぶりが伝わってきたということである。


中曽根康弘のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中曽根康弘 + ジャニーズ」のおすすめ記事

「中曽根康弘 + ジャニーズ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「村山富市」のニュース

次に読みたい関連記事「村山富市」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福田赳夫」のニュース

次に読みたい関連記事「福田赳夫」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月26日の政治記事

キーワード一覧

  1. 中曽根康弘 ジャニーズ

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。