栄和人氏、大学監督復帰で待ち受ける五輪選手決定後の「遺恨問題」とは?

栄和人氏、大学監督復帰で待ち受ける五輪選手決定後の「遺恨問題」とは?

 東京五輪に、栄和人監督はどうかかわっていくのだろうか。

 レスリングの全日本選手権(12月19日~22日)で、至学館大学の監督に復帰した栄氏が、精力的な動きを見せていた。選手のセコンド役として直径9メートルの円形マットの周りを右に行ったり、左に行ったり。試合中、選手に向ける眼光は鋭く、インターバルの間にもアドバイスを送り…。その様子を見ると、大学側が「緊急の建て直し策」として栄氏を呼び戻した理由もわかるような気がした。スポーツ紙記者が言う。

「女子レスリングで知られる至学館大学は、奇しくも、栄監督が退いた昨年8月以降、成績がガタ落ちでした。全日本選手権は五輪代表の選考会も兼ねています。順調にいけば至学館大学は大勢の代表選手を送り込み、『女子レスリングの強豪校』のメンツも保てますからね」

 しかし、本当の問題は五輪選手が決まった後に起こりそうだ。栄氏は大学の監督には復帰したが、昨年4月に日本代表の強化本部長職を引責辞任している。しかし、代表選手が強く求めれば、ふだん教わっている指導者の帯同もある程度まで可能となる。この点について、栄氏は「まだわからない」とアイマイな言い方をしていたが、日本代表選手たちへの帯同が決まれば、“会いたくない人たち”とも顔を合わせることになる。

「栄氏とそのパワハラ被害者となった伊調馨との関係ですが、伊調側の言い分が認められて決着が付きました。でも、両者のわだかまりはなくなっていません。伊調の側についた田南部力コーチは日体大の出身で、これまでの代表合宿は、至学館大学と日体大でぶつかり合っているところもありました」(レスリング関係者)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。