“ハンバーグ師匠”が「スピードワゴン」解散危機を告白していた!

“ハンバーグ師匠”が「スピードワゴン」解散危機を告白していた!

ハンバーグ師匠」ことスピードワゴンの井戸田潤が、コンビ解散の危機があった過去を激白した。

 その衝撃告白は去る12月28日に投稿されたキングコング梶原雄太のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」でのこと。ゲスト出演した井戸田はカウボーイの格好で「ハンバーグ!」と声高にギャグを披露。この「ハンバーグ師匠」のキャラは05年に生まれたが、テレビ番組終了に伴い、しばらく眠っていた。しかし10年に起きた「お笑い芸人の文芸ブーム」でふたたび火がついたという。

井戸田「劇団ひとりさんが直木賞の候補に入ったじゃない。その時に芸人が小説を書くブームになって、小沢さんも小説を書き出したのよ。それまで毎年スピードワゴンで単独ライブをやってたんだけど、小沢さんとマネージャーと現場マネージャーの3人がいるところに呼び出されて『今年は単独をライブやりません!』って」

梶原「衝撃じゃないですか!」

井戸田「オレ、スゴいムカついて、どういうことかって聞いたら『小沢さんが小説を書いてて手が回らない』って。確かにネタを考えてたのは小沢さんだけどさ。『そんなの、ほぼ解散に近いよ』って立ち去ったの」

小沢の漫才熱が冷め、解散もやむなしと思っていた井戸田は「自分の中で何かをしなければ」と、ハンバーグ師匠キャラをよみがえらせたという。

井戸田「ハンバーグ師匠で『R‐1ぐらんぷり』に出たのよ。一人でバカなことをやっていれば小沢さんが漫才に戻ってくるんじゃないかと…。そうしたら結構、時間が経ってたからキャラが熟成されてた(笑)」

 ちなみにその時に小沢が熱中していた18人の恋愛を描いた短編集「でらつれ」(講談社)は10年2月に無事に発売。その後、小沢との不仲は解消され、スピードワゴンの解散危機は逃れたようだが、コンビ継続の一番の要因は、この本がそこまで話題に上らなかったことかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

あわせて読みたい

水卜麻美のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「水卜麻美 + フリー」のおすすめ記事

「水卜麻美 + フリー」のおすすめ記事をもっと見る

「水卜麻美 + 横山裕」のおすすめ記事

「水卜麻美 + 横山裕」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小川彩佳」のニュース

次に読みたい関連記事「小川彩佳」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 水卜麻美 Instagram
  2. 水卜麻美 フリー
  3. 水卜麻美 横山裕

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。