椎名桔平が「大ヒットドラマ請負人」になった理由とは?

椎名桔平が「大ヒットドラマ請負人」になった理由とは?

 1月スタートの民放ドラマで、最も好調な出足を見せたのが天海祐希主演の「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(日本テレビ系)だ。初回13.0%と、日テレ土曜22時枠としては画期的な視聴率を記録した。

「今クールは医療ドラマが6本も乱立する異常事態。ただ、どの局も思ったほどの視聴率は残せず、天海祐希のドラマ女王としての強さが鮮明になりました」(スポーツ紙放送記者)

 天海祐希だけではない。脇を固めるのが三浦友和、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、さらに「全裸監督」の黒木香役で注目された森田望智など豪華な顔ぶれがそろった。中でもキーマンとなるのが、天海のライバル的な役どころで、世界的な脳外科医・黒岩健吾に扮する椎名桔平だという。

「椎名は昨年は菅田将暉主演の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日テレ系)で菅田と対峙する郡司刑事役を、岡田准一主演の『白い巨塔』(テレビ朝日系)では外科学会のドン・船尾教授役を演じ、いずれも高視聴率。さらに最終回が13.7%を記録した高畑充希主演の『同期のサクラ』(日テレ系)では、高畑を振り回す人事部長役に扮し、その怪演ぶりが視聴者を惹きつけました」(前出・放送記者)

 かつて、故・いかりや長介が出ていたらドラマが引き締まり、高視聴率が約束された時期があった。岸部一徳にしても、ドラマの護符のような起用が多い。そして現在、ほとんどのクールでフル稼働しているのが椎名というわけである。

「ビートたけしが『アウトレイジ』(10年)で自身の右腕の若頭役で椎名を起用。全身から男の艶気がにじみ出て、なおかつ一癖も二癖もある演技ができると絶賛していました。惨殺される場面まで存在感をおおいに発揮しました」(映画評論家)

 今回の「トップナイフ」でも、第1話から腹に一物ありそうなクセのある演技が光る。ライバルとなる天海と、役の上だけでない演技バトルを展開しそうだ。

あわせて読みたい

椎名桔平のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「椎名桔平 + Instagram」のおすすめ記事

「椎名桔平 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「椎名桔平 + ドラマ」のおすすめ記事

「椎名桔平 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「古田新太」のニュース

次に読みたい関連記事「古田新太」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 椎名桔平 Instagram
  2. 椎名桔平 コードブルー
  3. 椎名桔平 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。