水野美紀はヘア出しで「浴室の立ち後背位」!/美女の湯けむり情欲場面(3)
拡大する(全1枚)

 いつしかオンナの肌は、年齢とともに水滴も男も吸い尽くすようになった。完熟美女こそが、湯めぐり情欲の頂点なのである。

 今は亡き川島なお美(享年54)は、ドラマ版の「失楽園」(97年、日本テレビ系)で大役を射止めたあと、「脱げる女」として映画でも大車輪の活躍をする。初ヒロイン作となった谷崎潤一郎原作の「鍵 THE KEY」(97年、東映)で妖しい華を咲かせた。

 ひのきの浴室につかっていた川島は、湯あたりしてその場に倒れてしまう。年の離れた夫(柄本明)は、そのまま川島を抱きかかえて寝室へ。

 巻いていたタオルを剥がすと、そこには女盛りの美しい体があった。たまらず柄本は、川島の体にむしゃぶりつき、4分もの長い情欲シーンをこなすことに。当時の日本映画には珍しく、ヘアが拝めたことも話題になった。

 萩原健一主演の「瀬降り物語」(85年、東映)では、当時40歳の藤田弓子(74)が、初めて本格的なベッドシーンに挑んだ。物語は「サンカ」と呼ばれる漂泊の一族をテーマにしたもので、藤田は若い娘を持つ未亡人の役を演じた。

 やがて藤田は、一族の掟に逆らい、リーダー格の萩原と関係を持つ。大自然の中で萩原に立ったままバックから貫かれ、豊満なバストをみずから揉みしだいて嬌声を上げる。

 コトが終わったあと「石湯」と呼ばれる原始的な風呂で汗を流す藤田。まだ快感が残る体の余韻を、熱い湯がいつまでも保ってくれる表情が悩ましかった。