多部未華子が「交わるのが大好き娘」になった!/美女の湯けむり情欲場面(終)

多部未華子が「交わるのが大好き娘」になった!/美女の湯けむり情欲場面(終)
拡大する(全1枚)

 バスルームから愛をこめて、至宝映像を続々と発掘したい。あのスーパーアイドルも清純派女優も、意外な姿を見せていた。

 現在は中村雅俊夫人の五十嵐淳子(67)は70年代、美貌のアイドル女優として人気を集めた。そんな五十嵐が作家・渡辺淳一氏に手紙を出し、出演を直訴したのが「阿寒に果つ」(75年、東宝)だった。映画評論家の秋本鉄次氏が言う。

「かなり人気があったので、まさか脱ぐとはびっくりしました。意外に胸も大きく、色白のきれいな肌が印象的でした」

 本作で五十嵐は、恋人役の三浦友和など3人の男との交合シーンがあり、実の姉役の二宮さよ子との“百合シーン”もある。白眉となるのは、絵の先生と出かけた混浴温泉で見せる一糸まとわぬ立ち姿だ。美しい顔に湯けむりが重なって、幻想的な場面となった。

 和服が似合う女優だった叶和貴子(63)は、ブレイク直前の82年に、明智小五郎(天知茂)が活躍する「天国と地獄の美女」(テレビ朝日系)で“浴室脱ぎ”を初披露。

「土曜ワイド劇場の枠ではにっかつ映画の出演女優などが浴室で脱いだ姿を見せることは多かったが、まさか、メインキャストの彼女がバストトップまで見せたのには驚きました。このあとに人気が出たため脱いだのは1作限りでしたが、DVDやCSの再放送などで今も人気を博しています。さほど胸は大きくなかったものの、美肌だけで高く評価できます」(秋本氏)

 70年代を代表するモンスターアイドル、ピンク・レディーの場合は──。解散直後の82年、未唯mie(61)が初主演作「コールガール」(松竹)で見せた脱ぎ姿は衝撃的だった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

多部未華子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「多部未華子」に関する記事

「多部未華子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「多部未華子」の記事

次に読みたい「多部未華子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク