泉谷しげる、番組を終了に追いやった過激発言/昭和スター破天荒列伝(3)

泉谷しげる、番組を終了に追いやった過激発言/昭和スター破天荒列伝(3)
拡大する(全1枚)

 今や好感度が第一のテレビ界。「暴れん坊」と呼ばれるハチャメチャなタレントなど、ほぼ存在しない状態となっている。

「あの泉谷しげるでさえ、最近は、マメにブログやツイッターを更新してファンとの交流をはかり、テレビでは料理好きの“女子力高めキャラ”になってきているのですから、かつてを知る者としては驚きです」(芸能プロ幹部)

 そう、昔の泉谷は本当にヤバかったのだ。

 その武勇伝は数あれど、テレビでの大暴れ伝説といえば、これだろう。72年8月、当時24歳の泉谷が6年続いた番組を打ち切り終了に追い込んだのだ。

 番組は、「土曜ショー」(日本教育テレビ=現テレビ朝日)。野末陳平が司会を務め、公害や自衛隊、沖縄問題などの社会問題も取り上げる、異色のバラエティー番組だった。

 その中で、「禁止!禁止!それでも歌う!!」というテーマで、反戦歌やメッセージ性の強いフォークソングなどが“放送禁止”となる、当時のマスコミのあり方について、スタジオに90人もの若者を招き議論を戦わせることとなり、反戦歌「戦争小唄」が放送禁止にされている泉谷がゲストに呼ばれた。

「テーマがテーマだけに、当然、おとなしく終わるはずもなく、泉谷は生放送の番組で『戦争小唄』を熱唱。さらに、女性のアノ部分の表現が含まれる『先天性色情魔』をも歌いだしたんです」(テレビウオッチャー)

 これだけであれば、まだヤンチャな歌手で済んだ可能性もあるが、勢い余ってこんなことまで言い出したのだ。

「番組にスポンサーが口出して大きな顔をするのは時代遅れ。くだらないCMなんてやるな!」

 さらに、なんと生コマーシャル用の商品を、「こんなもんがウマいはずないじゃないか」と斬って捨てたのである。

「番組は、その直後の改編でなくなったことは言うまでもありません。泉谷も、同局から当面の出演NGを食らいました」(前出・テレビウオッチャー)

 こんな型破りなパフォーマンスがテレビで見られることはもうないだろう。

(露口正義)

当時の記事を読む

泉谷しげるのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「泉谷しげる」に関する記事

「泉谷しげる」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「泉谷しげる」の記事

次に読みたい「泉谷しげる」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク