東京五輪の新星・橋本大輝の大学進学で体操界のパワーバランスが激変する!?

東京五輪の新星・橋本大輝の大学進学で体操界のパワーバランスが激変する!?
       

「体操ニッポン」の顔として、世界を牽引してきた内村航平白井健三の東京五輪出場が“アブナイ”と伝えられている。そのため、昨年11月の世界選手権で日本を団体総合銅メダルに導いた18歳の新星・橋本大輝への期待は大きくなっている。そんな橋本が進路問題で揺れていた。

「現在高校3年生の橋本は、東京五輪は大学生として迎えることになります」(スポーツ紙記者)

 その体操界の未来のエース・橋本は昨年秋に順天堂大学への進学を決めたが、「東海大学とのただならぬ関係」が囁かれているのだ。

 そもそも、体操競技の名門といえば、内村の母校でもある日体大だ。橋本が日体大ではなく、順天堂大学を選んだ理由は、高校関係者によれば、「橋本が個人的に慕っている先輩、谷川翔選手が在籍しているからだ」という。しかし、こんな情報も聞かれるのである。

「橋本の実兄が東海大学に進んでおり、体操競技を続けています。橋本は高校生になったばかりのころは無名選手でした。本人の努力、学校での指導によるところも大きいですが、東海大学で練習している実兄の助言、東海大学で学んだ基礎トレーニングもプラスにつながったようです」(学校関係者)

 さらに家族感情としては、「兄弟そろって同じ大学に」というものもあったそうだ。別々の大学に進んだのは、「兄弟で比較されるのを拒んだ」とも伝えられているが…。

「橋本が通う市立船橋高校はスポーツで有名なものの、学業を疎かにできない校風でも知られています。1月になって橋本の進路が決まっていないとの情報も流れました。橋本は順天堂大で練習しつつも、実兄を介して東海大とも関係があるから、そんな情報が流れたのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)

 橋本の選んだ大学が東京五輪はもちろん、次のフランス・パリ五輪でも強いイニシアチブを握ることになる。順天堂大が日体大に変わって「主役」となるわけだが、ここに東海大学が加わるとなれば、話は別。順天堂大と東海大が橋本兄弟でタッグを組めば、日体大の今後の発言力にも影響してくる。橋本の進路によって、体操界のパワーバランスが大きく変わりつつあるようだ。

(スポーツライター・飯山満)

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。