黒木瞳はデビュー作で男の上で腰を沈め…/子年生まれ女優の情欲場面(終)
拡大する(全1枚)

 子年生まれには、実直でよく働く女が多いという。昭和を彩る世代の女もまた、マジメにベッドシーンと格闘してきた。

 情欲場面の事情に詳しい映画ライターの松井修氏は、10月に還暦を迎える黒木瞳(59)を手放しで絶賛する。社会現象となった「失楽園」(97年、東映)など濡れ場作品は多いが、女優デビュー作の「化身」(86年、東映)こそ決定打だという。

「宝塚の娘役スターで、入団前から地元・福岡で知られていた美少女。そんな黒木の女優転身作で、いきなり4度も交わるシーンを見せたことが驚きです」

 役どころは、文芸評論家(藤竜也)の情婦になるクラブホステス。ウブな田舎娘が性の手ほどきを受け、しだいに変身していくという成長の記録である。藤との屋形船でのカラミでは、下腹部を愛撫までされ、ソファでは浴衣姿のまま後ろから抱かれる体勢で交わるシーンもさることながら、極め付きは旅館での最後のカラミだという。黒木は、男の上に乗る体勢で──。

「みずから腰を沈め、そのまま激しく悶えて果てるシーン。映画の中で女として成熟していく様子を描き、中年男の願望を満たしてくれる傑作です」(前出・松井氏)

 黒木は映画版だが、ドラマ版の「失楽園」(97年、日本テレビ系)の主演を飾ったのは川島なお美(享年54)だった。同じ渡辺淳一原作の「メトレス・愛人」(00年、松竹)でも官能ヒロインに扮している。

「映画の冒頭から3分もの長回しで交わるシーン。不貞相手役の三田村邦彦とキャンプ場のテントの中で抱き合います」