サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダーリントンホールを中心視」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダーリントンホールを中心視」
拡大する(全1枚)

 今週の東京競馬場は、共同通信杯がメイン。頭数は少ないものの、今年もまた、なかなかの好メンバーによる争いになる。

 京都2歳Sの覇者マイラプソディを筆頭として、目下2連勝中のココロノトウダイ、札幌2歳S2着以来、5カ月半ぶりの実戦になるサトノゴールド、良血フィリオアレグロ(香港ヴァーズ、宝塚記念を制したサトノクラウンの弟)といった面々だ。

 恐らくここで勝ち負けする馬は、今春のクラシックで上位争いを演じるような存在になるに違いない。

 近年を振り返っても12年ゴールドシップ皐月賞菊花賞などGI6勝)、14年イスラボニータ(皐月賞)、15年リアルスティール(ドバイターフ)、16年ディーマジェスティ(皐月賞)、17年スワーヴリチャード(大阪杯、ジャパンC)など、ここを勝てば今後の活躍が保証されたようなもの。まさにファンにとって目が離せない重要な一戦と位置づけられていい。

 よって、人気、有力どころは素直に評価しなければいけないだろう。データもそのことを教えている。

 このレースに馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単による万馬券は3回(馬連は0回)。この間、1番人気馬は4勝(2着5回)、2番人気馬も4勝(2着2回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は3回。まずは評価どおりに決まる公算が大きい重賞である。

 そうしたことから、前記した有力どころを軽くみるのは禁物だ。

 ただ、どうだろう。最有力とみられるマイラプソディは、これまで3戦3勝といずれも強い内容だったが、戦ってきた相手を考えると、手放しの高い評価はいかがなものか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク