アベノミクス「仙台カジノ特区」構想(1)「本命」は東京、「対抗」は大阪

 アベノミクス成長戦略の3本目の矢として注目を集め始めた「カジノ構想」。99年に当時の石原慎太郎都知事が提唱するも、実現まで至らなかった。しかし再び、「カジノ解禁」に向け、政財界、自治体の機運が高まってきている。最右翼は東京都大阪府と言われる中、「東北に復興カジノを」という案が再浮上してきた──。

 全国紙政治部記者が話す。

「今年1月、首相官邸で開かれた産業競争力会議で、安倍総理の参謀と言われる慶應大学の竹中平蔵教授が『カジノ・コンベンションの推進』を提案したほか、楽天の三木谷浩史会長兼社長も『海外マネーを引き寄せるサービス・コンテンツ作り』というタイトルで『カジノ開設、風俗営業法の緩和』を訴えました。つまり安倍政権の目玉政策として、カジノ推進を進めているのです」

 アベノミクスとカジノと言うのは、にわかに結び付きにくいが、実は、安倍政権の成長戦略において、重要な位置づけとしてすでに政財界を巻き込み、動きだしているのである。

 そもそも日本では、賭博行為が刑法185条で禁じられている。カジノ合法化のためには、法整備や制度改革などが急務となるが、長年にわたって法の壁を崩せずにきた。ところが、ここにきて、“ウルトラC”により、事態は一挙に進みだしているのである。全国紙社会部記者が解説する。

「法の壁を突破するために発案されたのが、ズバリ“特区構想”です。いきなり全国実施の難しい規制緩和や制度改革を一部の地域限定で認め、経済の活性化を図るというものです。カジノ解禁にしても、特定複合観光施設区域(特区)を指定し、ここに限って規制を緩和しようという試みで、その有力候補地の1つ、大阪では、『日本維新の会』がカジノ併設の統合型リゾート(IR)の大阪誘致に積極的です。また、東京都でも、11年に台場地区の開発案を民間から募集。フジテレビは三井不動産や鹿島などと共同で、『東京DAIBA・MICE/IR国際観光戦略総合特区』を提出してます。これもカジノ推進の呼び水となっています」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2013年6月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。