芸能界「魔性の女」完全ランキング<平成堕落編>(1)男の噂が絶えない高岡早紀

芸能界「魔性の女」完全ランキング<平成堕落編>(1)男の噂が絶えない高岡早紀

 平成の「魔性の女」は葉月里緒奈不貞騒動が話題となった95年を機に、大きなスキャンダルとして取り上げられるようになった。行為時の写真の流出なども相次ぎ、文春砲と呼ばれる「調査報道」のターゲットとなり、芸能生命に直結する爆弾となったのも平成の特徴だろう。

 第10位に輝く、スケベとは無縁な品行方正だったベッキー(35)が「ゲス不倫」で芸能活動を休業に追い込まれたのは、16年2月。相手はロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル兼ギタリストの川谷絵音。LINEの記録などが詳細にバラされる、平成ならではの不倫だった。

 スキャンダルで2度も番組を降板したフリーアナ山本モナ(44)が9位。不倫トラブルを2回も起こし芸能界からフェードアウトした初のキャスターだ。初めは06年TBS系「NEWS23」のフィールドキャスターに抜擢されたばかりの5日目。当時、民主党のホープと言われた細野豪志氏との路上キスをスクープされた。次は08年、フジテレビ新番組「サキヨミ」の初回放送終了後、巨人の二岡智宏との五反田でのラブホ密会をキャッチされる。今はフリーアナとして、講演などで活躍中だ。

 8位は、不倫の鮮やかさでは右に出るものがいない高岡早紀(47)で異論はないだろう。96年に保坂尚希と結婚したが、共演男優との交際が何度もされる中、04年に決定的瞬間を撮られてしまう。

今井美樹の夫、布袋寅泰との六本木密会です。薄暗い店内で布袋の膝の上に座って濃厚な抱擁を続ける姿をフライデーされたのですが、掲載されている以外にもっとショッキングな写真があるとも言われた」(マスコミ関係者)


あわせて読みたい

高岡早紀のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高岡早紀 + Instagram」のおすすめ記事

「高岡早紀 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「高岡早紀 + 保阪尚希」のおすすめ記事

「高岡早紀 + 保阪尚希」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小芝風花」のニュース

次に読みたい関連記事「小芝風花」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 高岡早紀 Instagram
  2. 高岡早紀 保阪尚希

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。