サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダノンキングリーを頭から狙う」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダノンキングリーを頭から狙う」
       

 関東開催は、東京から再び中山に戻る。同時にクラシックを奏でる蹄音が少しずつ大きくなってきた。競馬シーズンを迎える、その序奏である中山開幕週のメインは中山記念だ。

 毎年、好メンバーがそろうことで知られるGII戦だが、今回も伝統ある一戦にふさわしい顔ぶれだ。

 このレース3連覇の偉業がかかるウインブライトを筆頭にインディチャンプ、ソウルスターリング、ペルシアンナイト、ラッキーライラックなどGI馬が顔をそろえ、頭数は少ないながらも、まずは見応えある、目が離せない競馬になること請け合いだ。

 ただ、頭数が少ないということで、馬券的には、どうだろう。穴党の出番というわけにはいかない。

 それでも決して順当に収まっているわけではない。過去のデータを見てもそれがよくわかる。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は3回(馬連では2回)。1番人気馬は5勝(2着1回)、2番人気馬は4勝(2着2回)。この間、1、2番人気馬によるワンツーはなく、大きく荒れることは少ないものの、「人気、有力どころ同士での決着はない」ということは知っておくべきだろう。

 だから最有力候補とみられているウインブライトを絶対視はできない。中山コースとの相性は〈5 2 0 2〉と抜群で、前走の香港カップを勝った時と比べても「今回のほうが順調に調整できており、状態はいい」(畠山調教師)。とはいっても、簡単には飛びつけない。他馬より背負う斤量の問題もあるし、仕上がりがいいといっても、一息入ったあと、3カ月ぶりの実戦ということもある。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソウルスターリング + 引退」のおすすめ記事

「ソウルスターリング + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「ソウルスターリング + 追い切り」のおすすめ記事

「ソウルスターリング + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ソウルスターリング 引退
  2. ソウルスターリング 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。