あの「日活ロマン映画美女」直撃(2)三崎奈美、F胸ボディを襲った白昼恐怖
拡大する(全1枚)

 まだ豊満な女優が少なかった70年代、三崎奈美(64)のFカップボディと愛らしいルックスは貴重だった。ところが、その女優生活は意外にも波乱続きで…。

      *

─ロマン映画主演デビュー作の公開が79年。あれから40年以上がたちましたが。

三崎 その前に東映の主演作があるんです。作家の飯干晃一さんが書いた実際の婦女暴行犯罪を原作にしており、私は暴行される被害者役。主演なのにセリフは「殺してやる!」のひと言だけ。

─その少なさは、逆にリアルですね。

三崎 最後にボロボロの浴衣を着て、胸をさらけ出しで商店街をうろつくシーンがあるんですが、もちろんゲリラ撮影。買い物のおばさんたちに「早く警察を呼んで!」と本気で心配されましたよ(笑)。

─それから「脱げる若手女優」ということで日活にスカウトされたわけですか。

三崎 それもありますが、もともと証券会社のOLからこの世界に入ったので、演技の基礎ができていなかったんです。共演した菅原文太さんには「こんな素人、誰が連れてきたんだ」と怒られました。日活に行くのは、一から勉強するいい機会だと思いました。

─実際に行ってみて、どうでした?

三崎 日活の撮影所は本当に雰囲気がよくて、東映の時のように「脱いでる女優」への厳しい仕打ちというのはなかったですね。

─自慢のバストが役に立ったのかも(笑)。

三崎 あの当時、きちんと測るとFカップはあったんです。でも、そのサイズのブラは日本には売っていなくて、Dカップに押し込むような形ですね。