あの「日活ロマン映画美女」直撃(終)かとうみゆきは中山美穂の「同級生」

あの「日活ロマン映画美女」直撃(終)かとうみゆきは中山美穂の「同級生」

「日活ロマン映画」の歴史は、昭和が終わる88年にいったん幕を閉じている。その掉尾を飾ったのが、アイドル女優・かとうみゆき(53)だった。

─芸能界に入ったのはいつ頃?

かとう 16歳でしたので、83年ですね。雑誌モデルなどをやりながら、やがて女優業も始めました。

─初期のキャリアで光るのが、中山美穂主演で大人気となった「毎度おさわがせします」(85年、TBS系)ですね。

かとう はい。私はミポリンが演じた森のどかの親友役で、いつも木村一八らの男子グループとケンカしていました。

─そこからロマン映画へ転身を?

かとう いや、実はその前に宇宙企画から何本か作品が出ているんです。

─ええっ! 艶系ビデオから日活とは珍しいケースですが。

かとう 秋元ともみちゃんや麻生澪ちゃんと同じで、いわゆる「宇宙少女」の一員だったので、カラミはごくごくソフトでした。むしろ私はシナリオを自分で書くようになって、そっちのほうが楽しかったです。

─そして日活デビューの「ラスト・キャバレー」(88年)は、今や巨匠たる金子修介監督がメガホンを執った。

かとう 実は私がシナリオを書いた「遊び足りない子供のように」って(艶系)ビデオを監督がたまたまレンタルして、それで私にご指名が来たんですよ。金子監督にとって、女優を指名したのは唯一だったそうです。

─「ロマン映画」に出るということに、周囲の反響はいかがでした?

かとう 正直、「いまさらなんで出るの?」と言われました。ただ、金子監督や、お父さん役の大地康雄さんとも巡り合えたし、私はよかったと思っています。大地さんって、この映画の時はまだ30代なのに、50代という設定。まったく違和感がなかったですけど(笑)。


あわせて読みたい

中山美穂のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中山美穂 + 炎上」のおすすめ記事

「中山美穂 + 炎上」のおすすめ記事をもっと見る

「中山美穂 + Instagram」のおすすめ記事

「中山美穂 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「杉咲花」のニュース

次に読みたい関連記事「杉咲花」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 中山美穂 Instagram
  2. 中山美穂 ドラマ
  3. 中山美穂 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。