あの「日活ロマン映画美女」直撃(3)田中真理・谷ナオミら6人を「大追跡」

あの「日活ロマン映画美女」直撃(3)田中真理・谷ナオミら6人を「大追跡」
拡大する(全1枚)

 71年から88年まで、日活ロマン映画は実に1000本以上も公開された。その歴史を支えたヒロインたちは今、どうしているのか。

 主演作が何度も摘発されたことから艶っぽさにおける「女闘士」とも呼ばれたのが田中真理(68)だ。ロシアンクォーターののびやかな肢体は、「ロマンポルノの星」と名づけられて草創期に大きく貢献した。

 出演作を巡る裁判は無罪を勝ち取るまで9年もかかったが─、

「その頃には引退しており、結婚して2人の子供もいました。裁判がなかったら、女優人生は違ったものになったかもしれません。ただ、12年にマガジンハウスから当時のフィルムを集めた写真集を出していただきました。あまり長くは活動しなかったのに、うれしかったですね」

 元祖・SMの女王と呼ばれたのは谷ナオミ(71)だ。団鬼六原作の「花と蛇」(74年)など、耽美的なヒット作は数多い。79年の引退後は、熊本でスナックを経営していたが、16年4月14日に起きた震度7の熊本地震では被害に見舞われた。谷が振り返る。

「マンションの壁にヒビが入って、部屋に入れないんです。6月10日に修復が終わるまで、2カ月も車の中で生活しました。今はもう部屋も、周りの景色も元どおりになっていますよ」

 女優時代、逆さ吊りで水の中に沈められても、泣き言ひとつ漏らさなかった谷らしい復元力と言えるだろう。

 その愛らしさからロマン映画界の「聖子ちゃん」と呼ばれた寺島まゆみ(58)は、長女・行平あい佳が16年に公開された「私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください」(KADOKAWA)で堂々の主演を飾った。愛娘の成長について寺島は、こう語っている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

田中真理のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク