「アメトーーク!」で蛍原が暗に示した“焦り”と宮迫への切なすぎる“思い”

「アメトーーク!」で蛍原が暗に示した“焦り”と宮迫への切なすぎる“思い”

 3月5月に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)での雨上がり決死隊蛍原徹の発言が、話題を呼んでいる。

 この日は、「ドラえもん ひみつ道具ドラフト会議」と題し、サバンナ高橋、千原ジュニアバカリズム麒麟・川島、ゴールデンボンバー鬼龍院、NON STYLE井上といった「ドラえもん」好きのゲストにより、それぞれお気に入りの道具を挙げ、ドラフト形式で奪い合う企画を放送。MCの蛍原とケンドーコバヤシによりトークが展開されたのだが、その中で蛍原の何とも切ないコメントが飛び出したのだ。

「受話器に向かって願いを話すとそれが叶う『もしもボックス』に話が及んだ際、ケンコバが『蛍原さんは? もし万が一(もしもボックスの)交渉権を取れたとしたら』と問うと、『えっ? もしもボックス? あ~っ、え~、もしも2019年5月に戻れたら…』などと応え、スタジオには同情のような悲鳴が上がっていましたね。すかさず千原ジュニアが『19年5月じゃまだ遅いですよ、もうちょっと前に戻らないと』と笑いを誘っていましたが、これらがもちろん、翌月に相方の闇営業問題を報じられた宮迫博之を指していることは明らかでした」(テレビウオッチャー)

 さらに蛍原は鬼龍院が「人生やり直し機」を挙げた際にも、ケンコバに「人生やり直し機がほしいのは、この人なのよ」と振られ、「言うなもういろいろ! (頭が)パンパンやねん!」と叫び、明らかに動揺する表情を見せていた。

「宮迫は相も変わらず吉本興業との折り合いがつかないまま、YouTubeでの活動が軌道に乗り始めている状況。ただ、こうしたシーンを編集でカットせずに放送するということは、テレビ復帰を待ち望むスタッフたちがいるということ。吉本では、ロンブー田村亮に続いて多額の申告漏れにより活動を自粛していた徳井義実が早々に復帰を果たしており、そうした中で、いつまでも中途半端な状態から向け出せない蛍原の焦りが、垣間見える場面ではありました」(夕刊紙記者)

 何かのきっかけがやって来る日はあるのだろうか。

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ゴッドタン」のニュース

次に読みたい関連記事「ゴッドタン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「笑っていいとも!」のニュース

次に読みたい関連記事「笑っていいとも!」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アメトーーク」のニュース

次に読みたい関連記事「アメトーーク」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。