R-1ぐらんぷり、ワタリ119の敗因はアノ審査員の“バランス感覚”のせい!?

R-1ぐらんぷり、ワタリ119の敗因はアノ審査員の“バランス感覚”のせい!?

 3月8日に生放送された「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)にて、マヂカルラブリーの野田クリスタルが優勝を果たした。ファイナルステージでは野田とすゑひろがりず南條庄助、そしてピン芸人・大谷健太の三者が激突したが、この組み合わせに視聴者からは大ブーイングがあがっていたというのだ。

「大谷は激戦区と言われたCブロックを勝ち上がってファイナルステージに進出。しかしCブロックで最も視聴者投票を獲得していたのは『キラキラ関係』のワタリ119であり、そのワタリに驚くほど審査員票が入らなかったのです。視聴者からは《吉本びいきの八百長だ!》《こんなの出来レースじゃん》との批判が続出。そもそもファイナルステージ進出者が3人とも吉本芸人でしたし、いくら『R-1ぐらんぷり』が吉本の主催とはいえ、偏りすぎとの批判は免れないでしょう」(芸能ライター)

 Cブロックの視聴者投票ではワタリが最多得票を得て6ポイントをゲット。対する大谷は2位で4ポイントをゲットしていた。この2ポイント差が審査員票であっさりとひっくり返ったのである。

「何よりあからさまだったのは、ワタリに票を入れたのが6人の審査員で関根勤ただ一人だったこと。大谷には桂文枝久本雅美陣内智則友近、そして勝俣州和らがまんべんなく票を投じ、逆転勝ちを手助けしました。今回の審査員は文枝、陣内、友近の3人が吉本所属で、久本は大阪出身。その大阪組が全員そろってワタリを避け、大谷に票を入れたのですからね」(前出・芸能ライター)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マヂカルラブリー + 筋肉」のおすすめ記事

「マヂカルラブリー + 筋肉」のおすすめ記事をもっと見る

「マヂカルラブリー + 上沼恵美子」のおすすめ記事

「マヂカルラブリー + 上沼恵美子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「井下好井」のニュース

次に読みたい関連記事「井下好井」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. マヂカルラブリー 上沼恵美子
  2. マヂカルラブリー 筋肉

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。