犯罪被害者タレント“被害総額NO.1は誰だ!”

 人気の高まりに比例するように、タレントたちのもとには富が転がり込む。すると、“有名税”を徴収しようと、ワルが群がり始める。中には、本当に「騙されたのか?」という著名人まで現れて‥‥。本誌は有名人の生き血を吸う“極悪人”を一掃すべく立ち上がった!

 振り返れば、多くの有名人たちが毒牙にかかり、巨額の資金を騙し取られている。本誌は、その被害総額を検証した! 性悪な人々に最もしゃぶり尽くされたのはいったい誰だ?

 去る5月13日、球界の“アニキ”の姿はさいたま地裁の法廷にあった。

「バカだったなと思う」

 自身が被害にあった詐欺事件の公判で、証人として出廷した元阪神の金本知憲氏(45)はこう言って、唇をかみしめた。

 この事件は、金本氏と家族ぐるみのつきあいのあった被告がボートレース団体への預託金や農地取得の名目で1億円以上を騙し取ったとされている。金本氏は証言で、起訴されなかった分を含めた真の“被害額”を8億円と明かした。

 一部のスポーツ紙は「球界史上最悪の詐欺被害」と書きたてた。連続試合フルイニング出場の世界記録とは逆に、不名誉な記録まで更新してしまったのだ。

 こんな被害にあうのも大物の証しとも言える。芸能界の大御所も過去に詐欺にあっている。

 72年、北島三郎(76)はセカンドシングル「なみだ船」がミリオンセラーとなって大ヒット中だった。

「北島がテレビ局から帰宅すると、自宅前にパトカーが3台も止まって大騒ぎ。話を聞くと、家にいた奥さんに『オレだ、誘拐されて大変なことになっている。助かるために500万円必要だ。用意してくれ』という電話がかかってきていたのだそうです」(芸能記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク