「昔のエンクミ」知らぬ人も感動!遠藤久美子、「薄幸演技」に「泣けた!」称賛の嵐

「昔のエンクミ」知らぬ人も感動!遠藤久美子、「薄幸演技」に「泣けた!」称賛の嵐

 去る3月11日に最終回を迎えた吉高由里子主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)の2月26日放送分の第8話で、ゲスト出演した遠藤久美子の「存在感」に注目が集まっている。

 同回は吉高演じる週刊誌記者・真壁ケイトの出生の秘密をライバル誌にリークしたケイトの元婚約者・野中春樹(重岡大毅)=ジャニーズWEST=にケイトの元カレ・尾高由一郎(柄本佑)が激昂。流血するほどのパンチを受けた野中が不敵の笑みを見せるシーンや、ケイトの秘密を知り動揺する会社の同僚を、短い言葉で納得させ、ケイトが今まで通りに仕事ができるような対応へと導いた「週刊イースト」の編集長に扮する佐々木蔵之介の頼りがいある上司役を賛美する声も多かった。

 そんな中で、さらに〈とても泣けた…〉と、いくつものドラマ感想サイトで話題にあがっていたのが、ゲスト出演した、タレントで女優の遠藤久美子の演技だ。

「与党議員の汚職の罪をすべてかぶる形で自死した秘書の残された妻という役どころでした。ケイトが秘書は議員に『トカゲの尻尾切り』されたのではないかという疑惑を取材するのですが、初めは犯罪者の妻だと思い込み心を開かずにいたという、影のある難しい役どころでした」(芸能記者)

 ケイトが実は、秘書は命がけで家族を守ろうとしていたという事実をスクープする、という展開だったが、ネット上には遠藤の演技への反応が続々。例えば、〈あの秘書官の奥さんはエンクミさんでしたかぁ!落ち着いたいい感じの女性になられましたね。素敵です〉〈久々に見たけどキレイだし、何よりもいい芝居をなさった!!〉〈理不尽な死を遂げた政界に身を置いていた男の妻らしい立ち位置や覚悟を決めた時の凛とした表情。その佇まいで彼女の歩んできた過去もなんとなく想像できちゃうよ〉といったふうに、まさに称賛のだった。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャニーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャニーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュース

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。