張本勲「ダルビッシュは“喝”だ」(3)日本野球を愛するがゆえの厳しいコメント

 張本氏が再反論し、ガチンコ乱闘に発展したが、

「ダルビッシュは本当に怒っているようですね。『メジャーのOBにそんな人はいない』なんて、普通は言わないですよ」(在米ジャーナリスト)

 では、両者の激突を客観的に分析するとどうなるのか。まず、前出の特派員はこう話す。

「張本氏の毒舌には誰も反論しないですよね。何だか怖いし、3000本打っている実績もあるし。だからダルビッシュぐらいの立場の選手が一石を投じないと、と考えて、張本氏に『喝!』を入れた形ですね。まぁ、『川崎はチームに必要とされている』発言はある意味、当たっていますが。そもそも3A降格に際して、ギボンズ監督が選手を集めてミーティングを開き、選手たちが川崎にお別れを告げられるよう取り計らった。メジャーではこんなことはまずありえない。異例中の異例です。それだけチームに愛されている証拠ですね」

 通常は翌日に空のロッカーを見て、皆が降格を知る。が、エース左腕のバーリーは「寂しい。カワサキ残留のために多くの選手がポケットマネーから彼の給料を払ってもいいと思っている」と話すほどだった。

 その理由として、先の在米ジャーナリストはこんなエピソードをあげるのだ。

「メジャーリーグが運営するテレビ局に、ブルージェイズの選手が試合前にインタビューを受けている時、『今からカワサキを呼ぶよ』と言い、川崎が英語の辞書を持って入ってくると、『ウチのおもしろいチームメイトだ』と紹介される。川崎は辞書を見ながら『ナメんなよ』などと言ったりして大ウケ。そういう映像が繰り返し流され、地元トロントでは大人気です。張本氏の『英語ぐらい話さないと失礼だ』という指摘については、日本人選手には珍しく、川崎には通訳がいないため、辞書を片手にしゃべっている。通訳なしでやっているからチームに受け入れられ、人気者になっていることを、張本さんは知らないでしょうからね」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。