広瀬すず、ストイックな“ボディメイク”でEカップバストがさらに進化中?
拡大する(全1枚)

 3月18日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演した、女優・広瀬すず。ここへきて、その存在が改めてクローズアップされている。

朝ドラ『なつぞら』での爽やかな演技で、名実ともに国民的女優となった彼女ですが、注目されているのは、そのスタイル。番組内でも糖質制限や栄養価の高いニラを好んで食べていることを明かしましたが、太りやすい体型を自覚している彼女は、ストイックにボディメイクに臨んでいて、キックボクシング歴はもう3年にもなる。3月20日から公開されている映画『一度死んでみた』でも、その腕前を披露していることが話題になっています。蹴りを叩き込まれた、プロレスラーの本間朋晃も絶賛していたそうですよ」(芸能記者)

 三ツ矢サイダーのCMでも、そのしなりの効いたみごとなキックの軌道が、専門家をもうならせていた。

「ヒザから先が円を描くようにしてミットに叩き込まれる、お手本のようなミドルキックを見せてくれました。腰のひねりによってウエストが絞られ、推定Eカップに成長してプルンと揺れる大きなバストを際立たせていましたね。額に光る汗、張り付く前髪も、なんとも色っぽかった」(アイドルライター)

 これなら男たちも、そうそう簡単には近づけそうもない。しばらくはスキャンダルの心配もないかな?

(露口正義)