サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「得意の舞台でカデナが大駆け」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「得意の舞台でカデナが大駆け」
拡大する(全1枚)

 コロナ禍が広がる中、盛り上がりを期待するのは無理としても、GIシーズンに突入すると、つい気合いが乗ってくる自分がいるのを認めてしまう。

 なんとも妙で不思議な気分になるが、それだけ競馬が好きということ。そうであれば、この災禍をぶっ飛ばすべく「馬券的中の快打」を連発して、少しでもファン、読者諸兄に喜んでもらえればと思う。

 今週は大阪杯(阪神、芝2000メートル)がメイン。GIに昇格してまだ4年目だが、なかなか重厚で、過去3回の勝ち馬は17年キタサンブラック、18年スワーヴリチャード、19年アルアイン。いずれもGI戦で好走実績のある、名を成す力量馬が勝っているレースである。

 今回もGI勝ち馬、それに準ずる力量馬がズラリと顔をそろえた。となれば、大きく荒れる可能性は低い。03年に馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は3回(馬連は1回)。この間、1番人気馬は8勝(2着4回)、2番人気馬は2勝(2着3回)。比較的堅く、いわば本命サイドでの決着が多い。

 とはいえ、1、2番人気馬のワンツーは2回のみ。このへんは、やみくもに人気、有力どころを信頼するのではなしに、よく吟味すべきだということだろう。

 実績上位馬に敬意を表しつつも、まだ伸びしろ十分な4歳馬、充実著しい5歳馬には特に目をつけ、調子のよしあしを見極めることが重要になってくる。とにかくこのレースは4、5歳馬が圧倒的に強く、人気薄でもよく連対を果たすからである。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「キタサンブラック」に関する記事

「キタサンブラック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「キタサンブラック」の記事

次に読みたい「キタサンブラック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク