オリンピック名勝負「日本人選手の大番狂わせ」

 世界中のアスリートがガチンコでぶつかるオリンピック。長く五輪を取材してきたスポーツライターの折山淑美氏に、日本人選手の大番狂わせをあげてもらった。

 最近の大会で印象深い番狂わせというと、08年北京のフェンシング男子フルーレで銀メダルを獲った太田雄貴でしょう。五輪5カ月前にロシアで行われたグランプリ大会では17位と惨敗。メディアもまったくのノーマークで、北京出発の際に彼を見送ったのはたった3人だけでした。

 ポイントとなったのは準々決勝のヨピッヒ(ドイツ)戦。下馬評は圧倒的に太田不利でしたが、逆にそれが勝因になった。

 試合は、残り9秒で38-40で2点差をつけられていた。だが、太田はここから怒濤のラッシュで、残り6秒で1点差に。そして、残り1秒で太田の剣がヨピッヒの体に刺さり同点。延長戦では、2度太田の体に剣が刺さったが、抗議の末、無効となり、最後は劇的な一突きで大逆転をものにした。

 ヨピッヒは世界ランク1位。格下の太田に対して横綱相撲、言いかえれば終始「守り」の試合でした。その結果、果敢に攻めた太田が競り勝つことができた。私も現地で取材していましたが、この時の太田は大げさでなく神がかっていましたね。

 04年アテネの競泳女子800メートル自由形で金メダルを獲った柴田亜衣も、まったくのノーマークでした。

 柴田は、大本命のフランスのロール・マノドゥにじりじりと迫り、最後のターン直後に逆転。みごとそのまま逃げ切り、世界をアッと言わせた。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。