陣内智則にくすぶり続ける「R-1ぐらんぷり」審査員の怪言動と出来レース説

陣内智則にくすぶり続ける「R-1ぐらんぷり」審査員の怪言動と出来レース説

 3月8日に決勝戦が行われた「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)を巡り、出来レース説がいまだやまないようだ。

 今年のR-1ぐらんぷりでは「マヂカルラブリー」の野田クリスタルが優勝を果たしたが、お笑いファンが疑問視しているのは敗者復活戦を勝ち上がった大谷健太がCブロックで、ワタリ119を押さえて最終決戦に進んだこと。その投票結果についてテレビ誌ライターが指摘する。

「Cブロックでは視聴者投票でワタリが6ポイントをゲットし、大谷は4ポイントでした。ところが審査員票ではワタリに投票したのは関根勤のみで、他の審査員全員が大谷に票を入れたことで、大谷の逆転勝利となったのです。その結果、最終決戦に進んだのは3人とも吉本興業の所属芸人だったことから、主催者でもある吉本の自作自演だ、出来レースだと批判を浴びることとなりました」

 そんな出来レース説を裏付ける言説が、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で明かされたというのである。

 決勝8日前となる2月29日の放送では、MCの明石家さんまがワタリに対して無観客試合では優勝できないと断言。その発言にワタリは、R-1の審査員でもある陣内智則も出演していたことから「陣内さんの前では絶対に言わないでください。公平な審査しなくなるから!」と憤慨していた。そこで陣内は「面白かったら入れるよ、絶対」と公平性をアピールしていたのだが…。

「3月28日の放送では、R-1の本番30分前にワタリが陣内の楽屋を訪れた様子を放送。ここで陣内は、ワタリのネタを見てもいないのに『多分入れへんと思う』『優勝せえへんからほんまに』と語っていたのです。コンテストの審査員が本番前の出場者に《絶対優勝しない》と言い放つなど、普通なら許されないもの。審査員の立場ならあくまで《面白かったら入れるよ》を貫き通すべきでしょう。それなのに陣内がワタリの優勝がないと断言していたのでは、そういう筋書きだったと裏読みする視聴者が続出するのも当然ではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 R-1の放送後もワタリが様々なバラエティ番組で活躍しているのに対し、そのワタリに勝ったはずの大谷はテレビ出演がほぼ皆無。その状況が何を物語っているのか。誰よりもワタリを応援していた視聴者が、最も理解しているのではないだろうか。

(金田麻有)

あわせて読みたい

陣内智則のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「陣内智則 + 藤原紀香」のおすすめ記事

「陣内智則 + 藤原紀香」のおすすめ記事をもっと見る

「陣内智則 + twitter」のおすすめ記事

「陣内智則 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 陣内智則 Instagram
  2. 陣内智則 twitter
  3. 陣内智則 ナカイの窓

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。