「太陽にほえろ!」を熱く語るエド・はるみ!松田優作を「天才」と激賞したワケ

「太陽にほえろ!」を熱く語るエド・はるみ!松田優作を「天才」と激賞したワケ
拡大する(全1枚)

「昭和の伝説ドラマ」の呼び声も高い「太陽にほえろ!」は1972年から1986年に日本テレビ系で放送された人気の連続刑事ドラマだ。「ボス」こと昭和の大スター・石原裕次郎を筆頭に、萩原健一の「マカロニ」、露口茂の「山さん」、竜雷太「ゴリさん」、小野寺昭「殿下」といった実力派俳優が脇を固める盤石ぶり。刑事ドラマで、ニックネームで呼び合うといったところが当時は斬新で、お茶の間を大いに楽しませてくれた。

 そんな「太陽にほえろ!」を、お笑いタレントのエド・はるみが熱く語った。自身のYouTubeチャンネル〈エド・はるみの未来人間学〉、4月11日に投稿された〈昭和の伝説ドラマ「太陽にほえろ!」について語ります。〉でのことだ。

「いつも事件が起きると『何!?』と窓を見ながら『そうか』と、まず電話を切るのがボスなんですよね。電話で事件を知るんです」

 と、石原裕次郎がブラインド越しに目を細めるシーンをマネて見せ、エドが身振り手振りでドラマの概要を熱く語り始めた。

 そんな中、エドがひときわ熱を帯びて話し出すのが、エドが11歳の頃だという、「ジーパン」役として松田優作が登場した時のことだ。

「うわっ、ショーケンをさらにカッコよくした人が出てきたぞ。何がカッコいいかって身長が190cmくらいあるんですかね?とにかくシュンと背が高くて足が長い!足1メートルくらいあるらしいよって、小学校で噂になったくらいカッコいいんですよ」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松田優作のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松田優作」に関する記事

「松田優作」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松田優作」の記事

次に読みたい「松田優作」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク