歴代総理の胆力「海部俊樹」(1)海部政権は、初めから危惧されていた

歴代総理の胆力「海部俊樹」(1)海部政権は、初めから危惧されていた
       

 海部俊樹の“売り”は、一にも二にもその雄弁ぶりにあった。

 愛知県の旧制東海中学時代から県下の弁論大会に出れば優勝で、卒業後は弁護士を目指して中央大学専門部の法科に入るとともに、弁論部(「辞達学会(じたつがっかい)」と呼ぶ)にも入った。ここでも全国の大学に「海部あり」が知られていたが、弁護士志望でガリ勉ばかりの中大に物足りなくなり、3年次に早稲田大学法学部に編入学、ここでも弁論部(「雄弁会」と呼ぶ)に入っている。

 この早大雄弁会でも、全国学生弁論大会で数々の優勝を果たし、当時の雄弁会会長を務めていた時子山常三郎(とこやまつねさぶろう)教授(のちに早大総長)から、次のように絶賛されたのだった。

「これまで多くの学生諸君の弁論を聴いてきたが、海部君の演説に優るものをかつて耳にしたことがない。海部の前に海部なし、海部の後に海部なし。この一言に尽きる」

 早大では大学院に進み、ここでは同郷の河野金昇(こうのきんしょう)代議士の秘書もやるなど、“二足のワラジ”をはいた変わり種でもある。その河野代議士が急逝したのを機に後継となり、初当選を飾ったあとは河野が所属していた三木(武夫)派に入ったのだった。

 その三木は「バルカン政治家」と呼ばれたように、「金権政治批判」「政治改革」を標榜しつつも、一方でなかなかの権謀術策ぶりを示したのは知られている。しかし、海部の政治手法、姿勢は、「弁論」が前面に出るいわゆる正攻法で、そのかもす一種のさわやかさから、次第に「自民党のホープ」「自民党のネオ・ニューリーダー」との声も出るようになっていった。ために、福田(赳夫)、中曽根(康弘)の両内閣では、文部大臣として起用されている。


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月7日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。