脱がずにド艶な真木よう子、西日の中の交わり/迫真「肌着ベッド」総覧(2)

脱がずにド艶な真木よう子、西日の中の交わり/迫真「肌着ベッド」総覧(2)

 10代から20代へと続くオンナの成長は、身につける肌着の変遷史でもある。水滴をハジくような若い素肌は、どんな布をまとっていったのか。

 昨年公開された「人間失格 太宰治と3人の女たち」(松竹)は、主演の小栗旬を巡る宮沢りえ沢尻エリカの愛憎劇が話題になった。ただ、存在感を示したのは、唯一のフル脱ぎを見せた二階堂ふみだ。映画評論家の秋本鉄次氏によれば、太宰治役の小栗旬に押し倒されながら、実は主導権を握っている二階堂が、終戦直後ゆえにズロースと言っていい肌着と大ぶりな胸の肌着をはぎ取られると、「寝転んでも形が崩れない」というハリのあるD胸がボロンとさせる。柔らかな小豆色のバストトップをつままれ、「かなりのけぞってしまう」とという。

 二階堂は、今どき珍しい「昭和を演じられる女優」と言えよう。

 実際に起きた事件をもとにした「さよなら渓谷」(13年、ファントム・フィルム)では、三十路を迎えたばかりの真木よう子が高い評価を獲得。その冒頭のシーンを秋本氏に回想してもらうと、「西日がさすアパートの一室」で、事情ある夫との交わりのシーンがあるという。爆胸を揉みしだいて、一人慰める行為に没頭した「ベロニカは死ぬことにした」(06年、角川映画)のような全脱ぎ姿ではなかったものの、肌着のままで「息づかいも生々しく、リアリティあふれる」ベッドシーンとなったという。

 Fカップを誇る人気グラドル柳ゆり菜は「純平、考え直せ」(18年、アークエンタテインメント)で、まさかの初脱ぎを。恋人役の野村周平を相手に、最初は受け身だったのが、しだいに「自分から求めるオンナ」に変貌してゆく。


あわせて読みたい

真木よう子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「真木よう子 + 結婚」のおすすめ記事

「真木よう子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「真木よう子 + 事務所」のおすすめ記事

「真木よう子 + 事務所」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「満島ひかり」のニュース

次に読みたい関連記事「満島ひかり」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 真木よう子 ドラマ
  2. 真木よう子 事務所
  3. 真木よう子 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。