天才テリー伊藤対談「小嶋菜月」(2)総選挙で涙を流す準備もしていたの

天才テリー伊藤対談「小嶋菜月」(2)総選挙で涙を流す準備もしていたの
拡大する(全1枚)

テリー 憧れて入ったAKB、実際はどうでしたか。当時はまだ前田(敦子)や大島(優子)とかの「神7」がいたよね。

小嶋 はい、間近で見てもスターだな、と思いましたし、緊張しました。

テリー 途中から入ると、曲の振りを覚えるのも大変だよな。

小嶋 入った当初は「振り入れ」といって先生が教えてくれるんですけれど、慣れてくると先輩が踊っている映像が入ったDVDを渡されて「あとは自分たちで覚えて、公演に立ってね」っていう感じになって。

テリー それ、ずいぶん手抜きじゃない?

小嶋 アハハハハ、でも先輩はそうやって覚えてきたでしょうし、今もそうだと思いますよ。

テリー あらためてAKB時代を振り返ってみると、どんな気持ちになる?

小嶋 今考えると「楽しかった」になるんですけど、当時はキツかったですね。

テリー 何がキツいの。

小嶋 握手会の列の長さや選抜総選挙で、人気や実力が目に見えてわかっちゃうので。

テリー 順位がつけられるってことだよね。でも、人気あったんでしょう?

小嶋 自分で言うのも何ですが、入って2~3年くらいはけっこう人気があって、握手会で行列もできていたんですけど、年取るごとに人気がなくなっちゃって。

テリー なんだと!?

小嶋 私も「なんだと?」と思いました(笑)。あんなに「大好き!」って言ってくれていた人が、どんどん新しい子に行っちゃって。

テリー キャバクラの客と同じ対応じゃないの。寂しいねえ。

小嶋 そういうファンの中には、私に「行かないで」って言わせたくて、わざとそういうフリをする人もいたんですよ。でも私、当時は少しひねくれていたので、「もういいよ、行きなよ」みたいな対応をしちゃったんですね。だから総選挙でも、一度も名前を呼ばれたことがなくて、ずっと圏外でした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

テリー伊藤のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「テリー伊藤」に関する記事

「テリー伊藤」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テリー伊藤」の記事

次に読みたい「テリー伊藤」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク