パンサー尾形、新メンバー加入ドッキリで見せた“本性”にドン引きの声

パンサー尾形、新メンバー加入ドッキリで見せた“本性”にドン引きの声
拡大する(全1枚)

 このドッキリは果たして彼らにとって良かったのかどうか?なんて気にさせられる。5月12日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)でオンエアされたお笑いトリオ・パンサー尾形貴弘に対するドッキリのことである。

 その内容は「パンサーにもう1人、新メンバーが入ってきたら?」というもの。勝手にYouTubeを始めたり1人でパチンコの営業を入れるなど、やりたい放題の尾形に、このまま3人で活動を続けていく“愛”があるのか? 不信感を募らせた菅良太郎、向井慧が仕掛人となって試す企画だった。ところが…。

「菅から今後について相談があると呼び出され、メンバーを4人に増やしたいと告げられた尾形は、最初は明らかに不満そうでした。しかし芸歴0年の新人を入れることでグループとしてのキャリアもリセットされ、今話題の『第七世代』に入ることができると言われると乗り気に。ところが、今度は4人のギャラ配分について気になり始め、『そいつは0年目なんだから、ほぼノーギャラでやんなきゃダメ』とイチャモン。分配を『3:3:3:1』と、新人を1にしようと強行に決めようとします」(芸能ライター)

 しかし、ここから尾形のさらなる本性が現れる。メンバー増加を言い出した張本人である菅、そして向井がギャラのパーセンテージを10%ずつ減額してもいいからグループを大きく変えたいと告白。結果、4人の取り分は、尾形、菅、向井、新人の順に「4:2:2:2」とダントツで尾形が多くなることが判明。すると尾形の表情がパッと明るくなり、「オレ、4、もらえるの!?」「いいの?それ」とニヤケ始めたのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク