「エール」好調も「コント演出」「スタッフ交代頻発」に「来春出直したら」の声!

「エール」好調も「コント演出」「スタッフ交代頻発」に「来春出直したら」の声!
拡大する(全1枚)

 NHK朝ドラ「エール」の視聴率が、徐々に上向き傾向だ。5月13日に過去最高の世帯平均視聴率21.6%を記録。週間視聴率も今までで最高の21.2%を叩き出した。これには、主演・窪田正孝とヒロイン役の二階堂ふみの若手ながら安定した演技力に加え、脇役として豪華で個性あふれる俳優陣が次々登場。視聴者が飽きずにいることがあるようだ。

 が、一方では、ある不安要素を指摘するコメントがネット上で目立つという。

 芸能ライターが言う。

「当初脚本を担当していた林宏司氏が早々に離脱したことで、《くだらないドタバタ喜劇になりつつある》《薄い脚本を本格的に演技すると、まるでLIFE(編集部注:NHKのバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』)のよう》といったように脚本を非難するコメントが見受けられます。例えば、最高視聴率を出した5月13日放送回。窪田が扮する古山裕一と二階堂が演じる音が初めて夫婦喧嘩をした翌朝、ふだんはオドオドしがちな弱気な性格の裕一が、十分な朝ごはんを用意してもらえなかった腹いせに、音が嫌いな納豆を買って鼻歌まじりで帰宅し、イヤがる音の前で涼しい顔で食べ始めた。これには翌日の『おはよう日本』で桑子真帆アナが『いつもはおっとりしている裕一さんですけど、たまに性格変わりますよね? 昨日の納豆攻撃…。ビックリしました』などと番組につなぐ形の発言をしていました」

 また、オンエアが始まってしばらくは、〈原作/林宏司〉とテロップが流れていたのだが…。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「朝ドラ」に関する記事

「朝ドラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「朝ドラ」の記事

次に読みたい「朝ドラ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク