「スムーズな撮影現場」だった内海和子/「脱いだアイドルグループ」艶姿総覧(2)

「スムーズな撮影現場」だった内海和子/「脱いだアイドルグループ」艶姿総覧(2)
       

 宮沢りえのヘア写真集をきっかけに、90年代は空前の「脱ぎバブル」が訪れた。もちろん、元アイドルグループの面々も、たびたび世を騒がせた。その背後には、名うての「脱がせ屋」がいたのだ。

 ベテラン編集者の橘貴子氏はグラビア誌を舞台に、数々のスクープをもたらした。その先兵が「おニャン子クラブ」の内海和子だ。脱いだのは解散から5年後、92年のことだった。橘氏によれば、彼女は翌年に結婚が決まっていて、その前に「若さの記念として」脱いだ写真を残したいと名乗りを上げたという。

 会員番号13番の創立メンバーであり、ソロデビューも飾った大物だ。女子高生ぞろいの「おニャン子」にあって、加入時に女子大生ではあったが、独特の色香が番組に華を添えていた。

「当時、雑誌業界のグラビア予算は潤沢でしたから、巨匠の野村誠一先生を連れて、彼女の希望であるアリゾナの砂漠で撮影しました。さほどグラマーなタイプではなかったけれど、念願のロケ地ということで脱ぎっぷりはよく、とてもスムーズな現場でした」(橘氏)

 掲載したグラビア誌は、破格の売り上げを記録。やはり「元おニャン子」というネームバリューは絶大なものがあった。

 84年のデビューに30億円をかけた「セイントフォー」は、残念ながら期待ほどは売れなかった。ただし、4人のメンバーのうち3人が解散後に脱ぎ姿を披露するという「ありがたい副産物」を残す。

「特に板谷祐三子の反響は大きかったです」


あわせて読みたい

内海和子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「長谷川理恵」のニュース

次に読みたい関連記事「長谷川理恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田野優花」のニュース

次に読みたい関連記事「田野優花」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柴田理恵」のニュース

次に読みたい関連記事「柴田理恵」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。