国生さゆり、「マヨ塗りたくりベッド」!/「脱いだアイドルグループ」艶姿総覧(4)

国生さゆり、「マヨ塗りたくりベッド」!/「脱いだアイドルグループ」艶姿総覧(4)
拡大する(全1枚)

 85年に誕生した「おニャン子クラブ」は、放課後のクラブ活動をイメージし、アイドル界の勢力図を塗り変えた。筋金入りのマニアであるタレント、ブレーメン大島氏が「その後の艶姿」を以下、一気に振り返る。

「おニャン子は2年半の活動で、その幕を閉じました。彼女たちには順に会員番号がつけられ、50人以上がデビューしています」

 87年8月31日に「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)が終了すると、メンバーはソロで活動する者と、そのまま引退する者に二分された。

 今なおバラエティー番組やドラマで活躍する国生さゆりは、91年のドラマ「しゃぼん玉」(フジ系)でアッと驚く姿を見せた。

「初回の冒頭に、主演の長渕剛とのベッドシーンを見せてくれました」というブレーメン氏によれば、「長渕が国生の体にマヨネーズを塗りたくり」、地上波と思えないほど生々しい不貞の営みだったという。

 実際、共演を機に不貞関係となり、志穂美悦子夫人の目の前で別れを宣言したことが長渕の口から明かされた。そうした背景を含めて、あらためてシーンを検証してみると、

「こちらがイメージしていた国生という期待に応えてくれましたね。それほど濃厚かつリアルなシーンでした」

 国生は会員番号8番で初期のエース格だが、中興の祖となったのが29番の渡辺美奈代だ。

「わかりやすく王道アイドルのかわいらしい顔だち。番組後期の人気を支えた功労者です」

 そして解散後、何度となく写真集を出し、ナマヒップを見せるなどギリギリの線まで攻めた。ただし、と前置きして、ブレーメン氏は「渡辺満里奈工藤静香と並んで、後期メンバーではメジャーな存在」だとして、それゆえに「寸止め脱ぎ」が続いたのかもしれないと推測しつつ「一度はズバッといってほしかった気もします」と語った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

国生さゆりのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「国生さゆり」に関する記事

「国生さゆり」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国生さゆり」の記事

次に読みたい「国生さゆり」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク