歴代総理の胆力「橋本龍太郎」(1)怖いものなしの「風切り龍太郎」
拡大する(全1枚)

「小沢(一郎)はナタの魅力だ。黙々と仕事をして、やるときはドスンと決断する。一方の橋本(龍太郎)はカミソリだな。頭脳明敏、スパッとした切れ味が魅力だ」

 総理大臣となった田中角栄は、多士済々が蝟集(いしゅう)した田中派の中で、有望な若手視をされていた小沢一郎(元自民党幹事長・現国民民主党)と橋本龍太郎を比べ、こう評したものであった。

 その橋本には、若い頃から数々の異名があった。その背景は、諸々の自信あるいは自信過剰から付いたもので、「風切り龍太郎」がいい例だった。文字通り怖いものなしで、永田町を肩で風を切ってカッポするところからついている。

 そのほか、ヘタに触れれば血の出るような逆襲をされることから「カマイタチ」、食らい付いたらカンタンには離れぬことから「タコ」、形容詞としては「血の気が多い」「ケンカっ早い」などがあった。

 なるほど、若い頃から血の気は多く、麻布高校時代はチンピラにからまれて立ち回り、相手のナイフが橋本の左眼の下をかすめて、この傷跡は総理になっての後年もうっすらと残っていた。

 また、1年生議員のときは、自民党本部の職員に組合がないのを知るや、先輩議員に「いまの時代、社会で、こんなことはおかしい」と食い下がったが、先輩議員から「キミ、余計なことは言わんでいいんだ」と一喝されたといった具合だった。

 白眉は、タテつくことなど誰一人いない権力絶頂の「親分」田中角栄に、堂々の反論をしたことだった。