とろサーモン久保田が「M─1」審査員を“審査”で上沼恵美子の点数は!?

とろサーモン久保田が「M─1」審査員を“審査”で上沼恵美子の点数は!?

 お笑いコンビとろサーモンの久保田かずのぶと言えば、2018年の「M─1グランプリ」放送終了後、〈スーパーマラドーナ〉の武智正剛とともに、審査員を務めた上沼恵美子に対し「オバハン」などとインスタライブで発言して騒ぎになったことが思い出される。

 騒動については久保田が上沼に謝罪を入れて許しを得たとも言われているが、そんな中、久保田のYouTubeチャンネル「もう久保田が言うてるから仕方ないやん〆」の4月4日投稿〈M─1審査員を批判せずに審査してみた。〉で、あろうことか上沼を始めとする2019年「M─1」の審査員に点数をつけるという掟破りの動画を見せている。

オール巨人は89点。さすが師匠はベテランなんでコメントの切り口も凄いなと思いますし、よく漫才を見てるなっていうのが、見ててわかりましたね」と、スケッチブックに走り書いた点数を見せ、完全に上から目線のコメントで始まり、以後も「ナイツの塙90点」「サンドウィッチマンの富澤90点」「立川志らく88点」「中川家の礼二92点」「ダウンタウンの松本93点」と続いたが、さて上沼はどうだったのか。

 久保田は「上沼恵美子さん点数は…ちょっとごめんなさい、色々含めて厳しく出させてもらいました」と前置き。見せたスケッチブックには、まさかの「1000点」と書かれていた。そして「なんにも問題がないというか、気持ちで言うてはるんだろうな…自分の熱い気持ちというか、熱? あらためて上沼さんの存在は大きいのかなと思ってしまいましたね」「上沼さんの何が凄いって一刀両断するところ。去年までのM-1戦士は、まるで鳥みたいな鳴き声の漫才師が多いって言ってたんで」としたのだ。

 どうやら巨人師匠他は、「1000点」が言いたいがためのフリだったようだ。笑いのフィルターを通しての皮肉はさすが2017年のM-1王者だが、西の女帝の前には、小鳥のさえずりにしか映らないだろう。いやそれ以前に、耳にすら入らないのかもしれないが。(ユーチューブライター・所ひで)

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「とろサーモン + Instagram」のおすすめ記事

「とろサーモン + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「とろサーモン + twitter」のおすすめ記事

「とろサーモン + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「パンクブーブー」のニュース

次に読みたい関連記事「パンクブーブー」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. とろサーモン Instagram
  2. とろサーモン M-1グランプリ
  3. とろサーモン twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。