竹内由恵、「“あざとい”田中みな実よりも女性ウケが悪い」理由とは?
拡大する(全1枚)

 昨年、医師と結婚した元テレビ朝日のフリーアナ・竹内由恵。バラエティー番組や最近では薬のテレビCMに出演するなど活躍の場を広げている。今後も家庭を大事にしながら自分のペースで仕事を続けていきたい、と語っているがネット上では女性からの評判があまりよろしくないようだ。

 例えば、〈旦那が医者で経済的にも余裕があるので働く必要もないのに、静岡での地味な暮らしにたえられなくなったのね〉〈局アナ時代は、男受けのするミニ丈スカート姿だったのに、結婚してからはふんわりとしたガーリーな服を着てナチュラルな自分を演出、計算高いよね〉〈パン屋になる夢はどこにいったの〉といった内容の女性と思しきネット民からの声が目立つのだ。

 そんな竹内に比べ、元TBSのフリーアナ・田中みな実は、ファースト写真集「Sincerely yours…」は60万部以上を記録したが、同写真集は、女性の購入者も多く、女性受けも高い。なぜなのか。

「田中は、最初から“あざといキャラ”で売っているので、見ていてわかりやすいので女性にも好感が持たれるんだと思いますよ。写真集では透けた素材のアンダーウエア姿にもなっていますが、不思議といやらしさを感じさせず、むしろ“痛々しさ”も感じさせる。独身というのも働く女性に共感を呼ぶのでしょう。一方、竹内は、『あざとくない清楚なキャラ』を押し出しているように見えますが、それが、男受けを狙っている感じがするのでしょう。数々の男性遍歴を経て医者の妻にちゃっかり収まって、CMやバラエティー番組に出演して“いいとこ取り”に見えるのも女性に不人気な理由かもしれません」(女子アナウォッチャー)

 そんな竹内はインスタグラムで「ヨシエのヒトリゴト」と題したイラスト付きのエッセイが話題を呼び、早くも書籍化のオファーもあるとか。最近では、インスタ映えのする料理を勉強したいとのこと。さて、活動を広げる中で、今後竹内が田中に女性人気でも猛追を見せることができるかどうか。