歴代総理の胆力「森喜朗」(1)「密室」から生まれた政権

歴代総理の胆力「森喜朗」(1)「密室」から生まれた政権
       

 組織のトップリーダーが選ばれる際は、なんらかの「正統性」が求められる。しかし、とにかく急場をしのがねばならないため担ぎ出されるというケースも、ままある。政治の世界では、「暫定政権」と言われるものである。戦後、いわゆる“暫定政権的”なケースはいくつかあったが、この森喜朗のケースは、なかでもかなり特殊なケースと言えたのだった。

 森政権は、前任の小渕恵三総理が突然の病魔に倒れ、再起の見通しがつかぬ中で、時の自民党首脳格五人の“密議”により、かなり強引に担ぎ出されたものだった。「密室」から生まれた政権ということである。

 時に、小渕政権は自民、公明、保守の三党による連立政権だったが、官房長官だった「参院のドン」とも言われた小渕の「盟友」青木幹雄が中心となり、強引に森を担ぎ出した。総裁選をやっていれば、場合によっては自民党内が混乱し、連立政権の維持も不可能となりかねない。「五人組」は、とにかく自民党内の総意、言葉を代えれば「やむを得ぬ」との形で、とにかく三党の合意を得ればそれでよしという姿勢であった。

 森は折から幹事長ではあったが、それまで大蔵や外務といった重要閣僚ポストの経験はなく、どちらかと言えば「文教族」の一方で、党務で汗をかいてきた人物であった。

 もとより、政権構想らしきものを発表したことはない。総裁選出馬歴もなく、英国の「ガーディアン」紙などは「クレムリンのような秘密主義の中で誕生した政権」として、まず民主主義国としての政権の「正統性」を問うたのであった。国民もこうした森政権には懐疑的で、内閣支持率の低い“低空飛行”からの出発は当然だったと言えた。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「森喜朗 + ラグビー」のおすすめ記事

「森喜朗 + ラグビー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「村山富市」のニュース

次に読みたい関連記事「村山富市」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鳩山由紀夫」のニュース

次に読みたい関連記事「鳩山由紀夫」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の政治記事

キーワード一覧

  1. 森喜朗 ラグビー

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。