歴代総理の胆力「森喜朗」(2)ラグビーボールに託した人生観

歴代総理の胆力「森喜朗」(2)ラグビーボールに託した人生観
       

 森の持ち前の言葉の軽さは、致命的であった。神道政治連盟国会議員懇談会での「神の国」発言、総選挙を前にしての「(国民が)関心がないと寝てしまってくれればいい」との“投票棄権要請”発言等々、思慮を欠いたものが多かった。

 さらには、ハワイ沖での水産高校実習船「えひめ丸」と米原子力潜水艦の衝突・沈没事故に際し、折からゴルフ場にいた森は一報を受けたもののすぐ官邸に戻ることなく、記者団から危機管理対応の“不備”を問われるという失態も演じた。さらにマズかったのは、危機管理を問われたその答えに「(あれは)事故でしょ」とやり、これが退陣へのダメを押したということになったのである。

 かく実績を残せず、失言、放言の類いのみ色濃く残った森政権ではあったが、退陣後に以後の政権の“産婆役”として存在感を示したことはあまり知られていない。

 小泉純一郎、安倍晋三(第一次)、福田康夫、麻生太郎の各政権誕生を演出、「後見人」的立場で存在感を見せつけたということだった。もっとも、安倍、福田、麻生の政権が「短命」を余儀なくされたことで、逆に「A級戦犯」との声もないではなかった。

 一方、若き日の森は、早稲田大学に入学と同時にラグビー部に入ったスポーツマンであった。政治より、ラグビーであった。とくに「ワセダのラグビー」への憧れが強かったが、わずか4カ月で“胃カタル”のため退部。その後、雄弁会(弁論部)に転じたのだった。

 父親が石川県の町長でもあったことから、政治の血がうずいたようであった。当時の雄弁会は「将来は政治家」を夢見る者がほとんどで、先輩には青木幹雄、小渕恵三、海部俊樹(元総理)、渡部恒三(元衆院副議長)、藤波孝生(元官房長官)ら、のちに政界の最前線に立つ面々が蝟集(いしゅう)していたのである。


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「森喜朗 + ラグビー」のおすすめ記事

「森喜朗 + ラグビー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「村山富市」のニュース

次に読みたい関連記事「村山富市」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鳩山由紀夫」のニュース

次に読みたい関連記事「鳩山由紀夫」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の政治記事

キーワード一覧

  1. 森喜朗 ラグビー

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。