歴代総理の胆力「麻生太郎」(1)べらんめえ口調で人気もあったが…

歴代総理の胆力「麻生太郎」(1)べらんめえ口調で人気もあったが…
拡大する(全1枚)

 麻生太郎政権は、安倍晋三福田康夫と2代の「政権放り出し」を受けたあとで誕生した。折から、国民も「政権放り出し」にはさすがにアキレたが、自民党の支持率も大きく落ち、メディアの多くは次の総選挙で自民党は敗北、野党第1党の民主党に政権交代を余儀なくされる可能性を指摘していた。こうした中、麻生が自民党総裁に選出されたワケは、大きく二つあった。

 一つは、祖父が戦後日本政界の立て役者でもあった吉田茂元総理であり、父親が「九州の石炭王」にして衆院議員も務めた麻生太賀吉という大物であったことだ。そのDNA(遺伝子)を引く麻生太郎なら、自民党支持層を呼び戻すに“適役”との見方である。そのうえで、自民党幹事長はじめ外相、総務相、経済財政政策担当相、経済企画庁長官と、豊富なキャリアを積んでいることもあった。

 もう一つは、楽天主義を感じさせるキャラクターとしての明るさである。開けっ広げの性格で、自らのマンガ好きを隠すこともなく、政治家は言葉に慎重となるのが常だが、べらんめえ口調で言いたいことを言う。すなわち、国民の「面白いんじゃないの」のアト押しを受け、総理のイスにすわったということであった。総理就任直後の支持率は、なかなかのものであった。

 よって、自民党が麻生に期待したのは、就任直後の支持率の勢いを借りて総選挙に飛び込み、安定政権の確保と党の支持率回復ということであった。

 ところが、衆院の解散タイミングを窺っていた麻生だったが、閣僚の失言による辞任、一方で米国発「リーマン・ショック」の直撃を受け、景気の急速な落ち込みに見舞われ、解散時期を逸していた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「麻生太郎」に関する記事

「麻生太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「麻生太郎」の記事

次に読みたい「麻生太郎」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク