「宝塚出身」黒木瞳が屋形船で下腹部を口で…/美女「野外情交」シーン大全(2)
拡大する(全1枚)

 大きな衝撃は待つ間もなく、初脱ぎからやって来る。まさか、うら若き新人女優がトンネルで、橋の下で、ビニールハウスで、奔放なカラミを見せようとは!ベッドシーン事情に詳しい映画ライターの松井修氏に聞く─。

 まず松井氏が推したのは、黒木瞳の映画デビュー作「化身」(86年、東映)。

「宝塚の娘役トップスターだった人」が、映画初出演で脱ぎの場面が4回、情交シーンが4回と「大盤ぶるまい」していたことについて、「何が何でも女優として鮮烈な印象を残したい意識の表れでしょう」と評する。

 中年の文芸評論家(藤竜也)の不貞相手となり、オンナとしても見違えるような成長を遂げる。そして見せ場となるのが、屋形船での秘め事のシーンだ。

「最初のホテルでは、黒木がウブな女という設定だったため最後までできず、こちらが初貫通となります」 黒木は、船の上で下腹部を口で愛撫され、「そのまま初めて結ばれることに。短いシーンだったが、「女優魂を感じさせる」貴重な情交シーンだったという。バストは小ぶりだが、「肌の美しさはスクリーンに輝きをもたらしました」と称賛する。

 本特集で最も古い作品となるのが、大谷直子のデビュー作「肉弾」(68年、ATG)だ。撮影当時、まだ17歳という初々しさで、初脱ぎの舞台となったのは「防空壕」だった。出征を前にした男(寺田農)が、死ぬ前に最後に結ばれたい相手として、もんぺ姿の女学生と知り合う。雨に濡れたまま防空壕の中ですべて脱いで寺田の前へ「今なら撮影が難しい年齢ですが、それゆえに神がかるほどの美しい肉体でした」という。