松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)
拡大する(全1枚)

 ただでさえ「非日常の艶っぽさ」が漂う野外プレイだが、若い女性よりもはるかに濃密なのは成熟した女性だ。性がほとばしる生々しき年齢の美女たちの野外情交を以下、映画評論家の秋本鉄次氏が解説する。

 撮影当時、なんと52歳。世間からは「コミカルなおっかさん役」が定着しつつあった松坂慶子は、「るにん」(04年、東京テアトル)で妖艶に返り咲いた。

「当時はふくよかな体型で、この映画のために10キロも減量。八丈島の流人役が健康的に太っていてはおかしいと、しっかり体重を落としたプロ根性はみごとです」

 流刑の島の男たちに体を売り、苦しくもたくましく生活するという役柄。赤い着物をはだけ、50代と思えぬハリのある真っ白なバストに桜色の先端を隆起させ、男に揉ませ、よがる。そして秘部に潤滑液を仕込み、男を待ち受ける。

「映画後半、背後で緩やかに滝が落ちる荒々しい大岩」に服を脱いだ姿でしがみつくと、「鬼気迫る顔でアソコを岩に押しつけ、喜悦の表情を浮かべます」といい、妖艶さというよりも、「生への執着心と切迫感が伝わる、非常に壮絶なシーンでしたね」

 吉行和子は40歳で初脱ぎ、それも大島渚監督のハードコア作品に起用され話題となった。「愛の亡霊」(78年、東宝東和)で、初脱ぎと「初本番」に挑んだという。

「賛否はあったでしょうが、周囲の声をものともしないアッパレな演技でしたね」

 藤竜也演じる若い不貞相手と共謀し、夫(田村高廣)を殺す既婚女性役を演じた吉行。剃毛シーンや木につるされての拷問シーンがある中で、秋本氏が「特にアツい場面」と注目するのが、藤との森の中でのカラミだ。