小澤陽子、重量感で唯一のカトパン後継者/女子アナバスト勢力図(5)フジ
拡大する(全1枚)

 人事担当の好みなのか何なのか─カトパン以降、採用されるのはどういうわけかモデル体型の女子アナばかりで、バストの楽しみがどんどん薄れるフジテレビ。

 そんな中、唯一の希望が、「全力!脱力タイムズ」での爆裂バストぶりが目立つ小澤陽子アナだろうか。

「あの番組は、まさに小澤アナのバストアピールショー。番組放送開始と同時にネット上は、小沢アナの胸を指す言葉を出したうえで、それが《きた!》と大騒ぎになりますからね。7月10日のラベンダー色のトップスでも、胸が目立ちまくり。その重さでやや垂れ気味の裾野の広い巨バストぶりがいやらしすぎました。メガネ姿で艶っぽい雰囲気がより増していましたね」(女子アナウオッチャー・たなか是政氏)

 6月5日の「Live News it!」ではボーガン殺傷事件のロケに出てくれたが、その時も…。

「肌着の線が浮かび上がる白いブラウスに、小澤アナにしては珍しい黒のボトム姿。膝立ちになって最新のボーガンをリポートしてくれましたが、その様子も話題になりました」(たなか氏)

 素晴らしいバストの活躍ぶりだが、小澤アナだけではやはり寂しい。

「かつて勢いのある時代のフジは、佐藤里佳さんや阿部知代さんなど、大人の艶バストで見る者の心をザワつかせてくれましたからね。今のフジなら、少しのアピールでも話題になるのだから、実は人気者になるチャンスなのですが」(前出・たなか氏)

 新人に期待するしかない?